みなさんは人生には目的があると思いますか? 人間は、偶然に産まれ、生き、そしてただ去ってゆくものだと考えていますか? 人生は一回限りの宴のようなもので、運が良い人は楽しめるし、運が悪い人はみじめで、取り立てて目的はないものなのでしょうか。自分とは別の誰かを愛するという素晴らしい機会がある一方で、世の中に戦争や犯罪や悲惨なものが満ちているのはなぜでしょう? これらすべてのことはあなたにとって重要な問いでしょうか。それとも大して意味のないことでしょうか。

私たちは一人一人意識を持っていますね。それは疑いようがないと思います。そして一人一人の意識は独立しています。誰かの意識と誰かの意識がくっ付いて一つになっちゃった、なんてことはないですよね? 私たちはそれぞれ独立した「魂」を持っています。魂は「神の子」です。「神」という言葉が嫌いな人は「源」でも「宇宙意識」でも何でも良いのですが、すべてはそこから来ています。神によって無数の魂が産み出され、その一つ一つが私たちであると考えてみてください。魂は記録庫です。魂が産まれて以来のすべての情報が「感覚」として記録されているのです。

神は魂に「意識」を与えました。そして何でも好きなものを作り出す自由を与えたのです。神が私たちにしてくれたことはそれだけなのです。神が直接創造したものは魂の他には何一つありません。神はすべてを許す存在です。神は私たちである魂が創造したいと欲し、意識の中に思い描いたものをそのまま創造する法則のようなものです。そして創造されたものを味わっています。私たちを無条件に愛しているのです。

私たちこそがこの宇宙を創造し、数々の銀河を創造し、地球を創造した存在なのです。私たちは地球上で生命を誕生させ、長い年月をかけていわゆる生態系を「進化」させて来ました。そして自分たちが創造したものをより深く味わうための器として、人類を作り出したのです。そして人間の体の中に文字通り自らの魂を入れました。それ以来私たちは何度も何度も生まれ変わっては経験を積み重ねています。

人間の体は独自の意識を持っていますが、私たちの魂の意識とは別個のものです。体温を保ったり、呼吸をしたり心臓や肝臓を機能させたり、私たちは意識してやっているわけではありませんよね? それは体の意識の働きです。それとは別に、私たちの魂の意識は体にうまく同調して一体化しています。繋がっているので意識の持ちようによって体が病気になったりもします。人間の体は脳も含めて物質の環境に適応するように設計されているので、私たちがそもそもどこから来たのか、自分が一体誰なのか、ということを思い出すのは非常に難しいものです。私たちの意識は自分の体よりも遥かに広大です。このような知識は人類の歴史上霊的な教師たちによって繰り返し教えられて来ました。私たちが余りにも物質的環境の中に埋没してしまったからです。

私たちの社会や文化は、私たちが作り出して日々維持しているものなので、私たちに責任があるというのは分かり易いですね。でも、この地球や、宇宙でさえ私たちが作り出したものであって、私たちに責任があるとしたらどうでしょう? でも、そうなのです。この宇宙は私たちの創造物であり、神に責任を押し付けることは出来ません。この地球が平和で、人々は人種や信条の違いを越えて愛し合い、人生はエキサイティングな冒険に満ちた機会になる、そういう場所にするのは私たちの責任なのです。

この三次元では想像もつかないことですが、私たちがここで人間関係の悩みや、戦争の悲惨、子供を持つ喜び、美味しいケーキの味、人間の体を持って誰かを愛するときの気持ち、自然や宇宙と一体になることなどあらゆる感覚を意識の中で生み出すことで、そのエネルギーが別な宇宙の領域を創造する原動力に使われているらしいのです。私たちの魂は常に、これまでに一度も味わったことのない新しい経験を追い求めます。それが意識の進化です。

これを読んでいるみなさんも意識の進化に貢献しています。私たちが住んでいる物質的な地球は、いまひどいことになってはいますが、意識の進化が起きつつある最前線に立っています。核戦争か環境破壊で破滅する可能性もありますが、この三次元の地球を死守しようとして活動している魂のグループがあります。いわゆるとても高次元の大天使や、マスターと呼ばれる存在たちもこぞって人類をサポートしています。光の時代がやって来ると言われています。あなたを含めて、もともと地球を楽園にしようと計画していた魂たちがたくさん人間に転生して来ています。この宇宙で知られる最も素晴らしい魂たちが中東に転生し、文字通り命をかけて平和を実現するために活動しているのです。彼らは「インディゴ」と呼ばれる人たちで、平和のための活動や環境問題に従事していますが、あまりニュースの話題になることはないかも知れません。あるいは世界各地でいわゆるスピリチュアルな活動に従事しています。一方で、いわゆる悪を追求する魂のグループも人間に転生していて、他人をコントロールするために財界、政治、軍需産業などの分野で活動しています。悪を追求するのは、理解が足らないからです。他人をコントロールすればするほど、自分を深く罠の中に捕らえる結果になるだけです。それでもすべての魂には神によって自由が与えられています。人間が悪を追求するのには理由があるのです。一生懸命研究しなければ、兵器を開発することはできないでしょう。膨大な労力を費やして、彼らは彼らの信条のために戦うことを選んでいます。悪を是認するわけではありませんが、私たちに出来ることは、彼らを理解し、深い思いやりの心を持つことだけなのです。でもそれが本当の変化を生み出します。戦わないことによってのみ平和は得られるのです。この時代では、平和を愛する人たちに分があるようです。平和を愛する魂のグループと悪を追求する魂のグループは地球上で共存することがもはやできなくなるでしょう。ある意味世界の分裂を見ることになります。それでも戦争に固執する人たちは別の星に移されて戦い続けることになるでしょう。万が一地球が破壊されてしまったとしても、私たちは「新しい地球」と呼ばれる領域に行くか、別な宇宙の洗練された文明の領域に転生することになるでしょう。意識が破壊されることはありません。私たちが死によって失うのは、体と体に関連するアイデンティティだけなのです。

さて魂の目的についてですが、魂は新しいことを経験するというはっきりとした目的を持っています。究極的には、どんな経験も全体に還元され、神を豊かにします。意識全体に貢献するのです。ですから本当は良い悪いはないのだと思います。あなたは過去に何か悪いことをしてしまったと感じているかも知れません。でも、神はあなたを許しています。あなたは苦しんだかも知れません。でも、神はあなたを愛しています。ですから、他人はあなたを責めることがあるかも知れませんが、あなたはどんなことがあっても自分を責めないようにしてください。そして決して諦めず、幸せになること、愛することを選んでください。

私たちの意識は普段体によって制限されてしまっているので、魂の全体像を見ることは難しいのですが、魂が絶えず送って来ている「うながし」を感じることはできます。何だか分からないけど、何かをしたいような落ち着かない気持ちになることがありますね。それが魂が新しい経験を求めているというサインです。何をしたいのか、心の中ではっきりと分かる場合もありますが、良く分からない場合もあります。そういう時はこの方法を使ってみてください。何かを始めようと考えている時、胸の辺りの感覚を意識してください。そのことを考えているとき、胸がときめいたり、ワクワクしたり、軽くなったような感じがしたり、拡がるような感覚があったら、あなたの魂がそれをやりたいという合図です。逆に、それを考えた時に胸が締め付けられる感じがしたり、重くなったり、不快な感じがしたら、魂がそれをしたくないという合図です。多分、過去にそれを何度もしたことがあって、もうこれ以上やりたくないのでしょう。最後に、とても早く成長したいと願っているみなさん向けに取って置きの方法をお教えしましょう。それは自分が怖いと思っていることをしてしまうことです。危険なことや無謀なことをするのとは全然違いますよ。あなたにはこの感覚の違いが分かると思います。どんな場合でも、自分を許し愛することが絶対に必要です。その上で、自分の為に恐怖を克服するチャレンジを選んでください。もっとゆっくり成長することを選ぶみなさんは、無理しないでください。一歩一歩着実に進んで、生きることを楽しんでください。

Email : midrashim@ainohoshi.fr

精神世界