苦痛

みなさん元気ですか? 今回は、苦痛についてお話しします。重い話題ですね?

すべての生き物は時々苦しむし、最後は死んでしまいます。もしも始めに創造主がいたのなら、なぜ彼/彼女は生と死の仕組みを作ったのでしょう? 苦痛は何のためにあるのでしょうか? これは哲学的な疑問であると同時に、経験上の疑問でもありますね。

苦痛は生体に埋め込まれています。一番原始的な生き物として、微生物を例に取り上げてみましょう。微生物が生命を維持するためには、食べなくてはなりません。空腹は一種の苦痛ではありませんか? 私はそう思います。空腹は苦しくて、食べるのは気持ちいい、そうじゃありませんか? 空腹が微生物を運動に駆り立てて、食べる物を探させます。ですから、苦痛が運動を作り出すと言えるでしょう。もし苦痛が存在しなかったら、あらゆるものは停止するはずです。これが苦痛の根本的な理解だと思います。

さらに、私たち人間には、「退屈」というもっと微妙な形態の苦痛があります。私たちは退屈すると、何かを知ったり、感情的・知的な刺激を得ることに駆り立てられます。それで最終的に、私たちは緊張だらけの文明を作ってしまいました。

ほとんどの私たちは、苦痛が好きではないと言えると思います。誰も苦しみたくはありません。そこで何人かの科学者が、私たちの遺伝子から苦痛を除去することに着手するかも知れません。もしその試みが成功したら、次に何が起こるでしょうか? 私たちは死ぬほど退屈してしまうのかも知れません。

ある人たちは、この世には快楽と苦痛しか存在しないと考えています。悲しいですが現実的な発想ですね。人間社会では、快楽と苦痛の間を行ったり来たりする力学が、権力意識を生み出します。私たちは、興奮した時に力の感覚を感じるでしょう? 苦痛によって興奮を得る人たちがいます。薬物を使うことで興奮を得る人たちもいます。秘教的に言えば、これらはすべて下位の三つのチャクラに対応しています。私たちはある種みんな、動物的性質や生存本能を備えています。歴史的に見れば、私たちはとても長い間、主従関係というものに執着して来ました。

この哀れな世界観の中には、もちろん、愛の入り込む隙間はありません。無条件の愛に触れたことがなければ、快楽と苦痛以外のものが存在するように思えないのは当たり前のことです。神聖なものという概念は、愛を知らない人たちにとっては大嘘でしかありません。そういう人たちを非難するつもりはありません。愛は言葉では説明できないのですから、難しい状況なわけです。

ごく自然な成り行きですが、愛の欠如は、不毛さ、心理的な葛藤、抑うつという結末に至ります。私たちは絶望的なのでしょうか? そうとも言えるし、そうではないとも言えます。ある人たちには馬鹿馬鹿しく聞こえるでしょうが、慈善の気持ちがとても大事だと思います。見せかけを越えて与えるという行為が、私たちの本当の性質である愛に再び結び付けてくれます。慈善は段階的なプロセスです。家族や人間関係を通して、与えたり受け取ったりする練習を積むことができます。ごくシンプルで当たり前のことですね?

さあ、今日はこれでおしまいです。聞いてくれてどうもありがとう。

Email : midrashim@ainohoshi.fr

精神世界