ジャン・クライン『われ在り』

準備中 二十世紀フランスの二大霊的指導者の一人、ジャン・クライン(1912-1998)。(もう一人はアルノー・デジャルダンである。)妻子のある医師であり音楽家でもあったが、思うところがあり1950年代に一人インドを旅し、奇跡的な経緯で伝統的なアドヴァイタ・ヴェーダーンタ(不二一元論)と、カシミール地方に古代から連綿と伝わるシヴァ派(ヒンドゥー教の宗派の一つ)のヨーガを会得した。帰国後は広く欧米にその教えをもたらし、パリ五月革命に代表される価値観の転換にも寄与したと言え、後継者としてフランシス・ルシールエリック・バレを残した。

(まだ日本語に翻訳されていないが、ギリシャで行われた講演の記録である Open to the Unknown もよい。)

マヘンドラ・グプタ『大聖ラーマクリシュナ 不滅の言葉』

熱心に、真心こめて神に祈りなさい。そうすれば、あの御方は必ずききとどけて下さる。

十九世紀インドの聖人、ラーマクリシュナ(1836-1886)の言行録である。その教えの内容は、ヨーガの四区分(ラージャ、カルマ、バクティ、ジニャーナ)で言えば、バクティ・ヨーガに分類されると思われる。バラモン階級の生まれでありながら、イスラム教にもキリスト教にも自ら入信し、どの道も同じ目的地に到達すると喝破した、目の覚めるような先覚者であった。愛弟子のヴィヴェーカーナンダが、ヨーガ哲学の真髄を初めて欧米に伝えた事実も有名である。「熱心に求めさえすれば、誰でも神を見られる」と、ラーマクリシュナはいとも簡単そうに言う。ほとんどの人は五官の歓びを幻であると観じて捨て去ることができない。しかしラーマクリシュナは、「俗世に染まってしまえば神を見ることはできない」どころか「世間で暮らしていても神を見ることは可能」だとする。ヒンドゥー教の解釈でありがちな、「世を捨てて修行せよ」とか「この世には何の意味も価値もない」などとはまったく言っていない。絶対不動の実在(神)と、多種多様な現象世界の働き(俗世)は、天秤の重さの同じ二つの皿であり、必要なのは(神を恋い慕う)ひたむきな気持ちだけだ言うのである。ラーマクリシュナには、難しい概念を子供でも理解できる譬え話で表現する才能があり、大人は非常に理解し易い。とはいえ、聖人の言葉を無分別に取り入れるのは望ましくない—神にすがれと言うが、実際には人の情けにすがって生きていただけではないか? 聖人ならばどうして病死したのか? 精神文化はともかくとして、インド社会に具体的にどんな貢献をしたのか? もっともな批評である。だが結論を下す前に、まずは本書を一読して欲しい。あらゆる意味で、すべての宗教の本質がここに要約されている。

(この文庫版はベンガル語原典からの抄訳である。全五巻の完訳はブイツーソリューションから刊行されている。)

パラマハンサ・ヨガナンダ『あるヨギの自叙伝』

古来、インド文化の特徴は、究極の真理の探究と、それにともなう霊的師弟関係にある。

アメリカに渡ったインドの聖人、パラマハンサ・ヨガナンダ(1893-1952)の自伝である。すでに名著の誉れ高い本書の内容は説明しないでおこう。師匠であるラヒリ・マハサヤとスリ・ユクテスワに加えて、アーナンダマイー・マー、ラマナ・マハルシ、タゴール、ガンディーといった有名人も登場する。インド哲学は、その歴史的背景から切り離しては理解できないし、切り離そうとするべきでもない。文字通りに受け取れば極端な思想も含まれる『バガヴァッド・ギーター』、パタンジャリの『ヨーガ・スートラ』、シャンカラの『ウパデーシャ・サーハスリー』といった古典に親しむ前に、その実際の適用がどんな風であるかをよく知っておく必要がある。この本には奇跡や超常現象の話が頻出するが、それがインド哲学の本来の姿なのである。ヨガナンダの歩んだ道、すなわち、愛情に恵まれた家庭環境で育ち、神への熱望から道を志し、親切で卓越した霊的教師たちの指導を受け、遂には神人合一を達成する、というのがスピリチュアリティの王道であるべきだと思う。言い換えれば、トラウマを生み出す劣悪な家庭環境で育ち、恐怖や不安から逃れるための方法を探し求め、ニセモノの自称教師たちの悪影響のもと、遂には自らもスピリチュアル詐欺師に成り果てる、というシナリオが世の常であってはならない。精神世界では、まだ自分の経験になっていないことに関しては中庸を貫くという態度を身に付けることが非常に大事なので、分からないことに対して判断を保留できるかどうか自分を試して欲しい。何かいいこと(現世利益)を期待して大師にすがりつくのも、不完全な科学理論を振りかざしてイカサマと決めつけるのもよくない。クリヤ・ヨガを践行しない限り分からない、というわけでもない。姿勢を正される一冊である。