五井昌久の世界平和の祈り

世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私達の天命が完うされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます

五井先生ありがとうございます

人間の真実の姿は、業生ではなく、神の分生命(分霊)であって、常に祖先の悟った霊である守護霊と、守護神(天使)によって守られているものである。この世の中のすべての苦悩は、人間の過去世から現在に至る誤った想念が、その運命に現われて消えてゆく時に起る姿である。いかなる苦悩といえど、現われれば消えるものであるから、消え去るのであるという強い信念と、今からよくなるのであるという善念を起し、どんな困難の中にあっても、自分を赦し、人を赦し、自分を愛し、人を愛す、愛と真と赦しの言行をなしつづけてゆくと共に、守護霊、守護神への感謝の心を常に想い、世界平和の祈りをつづけてゆけば、個人も人類も真の救いを体得できるものである。

人間社会に渦巻く我欲の想いには凄まじい勢いがあり、一度社会人になったらいつの間にか「大切な何か」を忘れ、自分が本来何を求めていたのかさえ分からなくなるのは必定と言えるであろう。悪い想念が行為として現れ、その結果さらに悪い想念を生むという水平方向の悪循環を断ち切るにはどうしたらよいのか。悪い因縁を消し去り、結果として心身を効果的に癒す方法があるとすれば、私たちが幽玄微妙な霊的エネルギーに繋がり、それを垂直方向に降ろして来るということになろう。だが、実際どうやれば出来るのか。業(カルマ)の波を打ち消すことができる覚者はこれまでにもいたものの、一般人が簡単に到達し得る領域の能力ではないため、基本的にはその覚者の恩寵に与る、悪く言えばひたすらすがる以外に方法がなかったのではないだろうか。そこへ登場したのが、白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)を主宰した五井昌久(1916-1980)の世界平和の祈りであった。五井師は難行苦行を否定はしないが、現代人に必要なのは誰にでも実践できる易行道であると説く。世界平和の祈りを一心に唱えることで、根源から来る精妙なエネルギー、すなわち「救世の大光明」に心を繋ぐことになる。それを中継してくれるのが、私たち一人一人の神性への道を最初から最後まで導いてくれる守護霊・守護神の存在である。西洋にも守護天使やハイヤーセルフとの協働という教え方があるが、守護霊・守護神への感謝を中核に据えた宗教というのは他で聞いたことがない。今となっては、私たちの人格の小さな想いの力で人間社会を矯正して行くことが困難なため、むしろ祈りによってすべてを守護霊・守護神の働きに一任し、思い煩わずに明るく朗らかに生きて行く方がよいとする。無論私たち個々人の人生問題も然り。世界平和の祈りは白光真宏会に入会しなくても誰でもでき、またいつでもどこでも実践してよいことなので、やたら多くを期待するのはよくないが、まずは試してみてはいかがだろうか。

  • 五井昌久『神と人間』白光出版、1953年
  • 五井昌久『天と地をつなぐ者』白光出版、1955年
  • 五井昌久『白光への道』白光出版、1955年
  • 五井昌久『霊性の開発』白光出版、1961年
  • 五井昌久『愛・平和・祈り』白光出版、1962年

※さらに理解を深めるためには、全十三巻の『五井昌久全集』がある。

山本幹雄『現代のカリスマ』

体の中からすべてのものが洗い落され、何もかも透過されてしまったまるで別の自分が今ここに立っている。ここは白雪皚々(はくせきがいがい)、目のとどく限りどこまでも白く、どこまでも透きとおっていて、物音ひとつしないところである。ここは今まで誰ひとり来たこともない未踏の場所……恐る恐る足をふみ出すと、はじめての足あとがつく、はじめての私の足あとが。戦(おののき)の一歩、一歩が果しない未知の地平をおし拡げる。

美を崇拝し、心の華を咲かせる道を説いた人物がここにいる。分類上は神道系とされているが、あまり神道っぽくはない新興宗教「誠成公倫(せいせいこうりん)」の開祖、八島義郎(1914-2010)の半生を、歴史学者が生き生きとした見事な筆致で綴った作品。何を隠そう私自身、十代の頃に縁あって八島師の教えに触れる好遇を得たのであった。その頃すでに人数が多く、直接指導を受ける機会には恵まれなかったが、今振り返ってみれば、人生最大の贈り物を与えられたと思える。個人的事情があり誠成公倫からは離れてしまったが、八島師がもうこの世にいない以上、再度入信を希望してはいない。人生の初期に素晴らしい教えを受けたにも関わらず、いまだに箸にも棒にも引っ掛からない自分を恥ずかしいと言う他はないが、ほんの少しでもましな人間になれるように努力することが、師への恩返しになると考えている。本書の内容を摘記するとこのような感じになる。八島師は旗本の家系に才気煥発な長男として生まれた。にも関わらず、「夢のお告げ」を信じた両親は次男に家督を継がせることに決めたため、家を追い出されてしまう。芸術家を志し、父親の斡旋で仏師(職人)の弟子としてキャリアをスタートさせた。何人かの師匠の下で着実に腕を磨き独立、二十代半ばにして天才彫刻家として美術史に名を残す評価を得るに至る(雅号は八島遙雲)。そこへ来て日米開戦、多くの日本人がそうであったように、八島師の人生もにわかに暗転を始める。開戦から数えて約15年もの間、何をやっても仕事がうまくいかず、結婚生活にも失敗し、大阪府能勢町の山中で、一山なんぼの土産物用の木彫りを作りながら、三人の子供を抱えての壮絶な極貧生活に転落してしまう。どんな分野でも一流になれるだけの能力と、誰にも負けない根性とを併せ持ち、誰にも頼らず真面目に生きて来たという自負が彼にはあった。それなのに、なぜこうなってしまったのか・・・仕事や子育ての合間を縫って、命懸けの哲学研究が始まった。煎じ詰めれば他でもない、人呼んで孤高の芸術家という、徹底的で好き嫌いが激しく、他人を遠ざける傾向のあった自らの性格こそが、自分をどん底にまで追い込んだ根本原因であったことを、彼は静かに受け入れる。そこからは自らの心と真正面から向き合い、それまでとは正反対の、屈託がなく明るくてオープンで、誰とでも本心からにこやかに関わって行ける人間に生まれ変わるという、彼独自の「行」に取り組んだのである。するとある時点で、自分の体がなくなってしまったようになり、八島師を訪ねて来た人の健康状態や事情がすっかり「写り」、我が事として実感されたあとスーッと抜けて行くようになった。それだけでなく、なんとその人の運命までもが好転するという、(師本人が予想だにしなかった)前代未聞の作用が発現したのである。遺伝に起因する悪感情が浄化され消え去る、浄滅(じょうめつ)と呼ばれる現象が起きるのであった(これを禊祓の真諦とか真正のカルマ・ヨーガと見ることもできる)。さらに加えて、健康・経済・愛情の三条件を満たす、どこまでも現実的な幸せを期成するなら従うべき法則があることを究明するに至り・・・具体的には、自分を大切にし万事楽しんで生きる、両親に感謝の念を向ける、(結婚していれば)夫婦仲を改善する(相手のよい面を見て尊重し支える)よう常に努力する、子供は褒めて育てる、美しいものに触れ純粋できれいな感情を使うように心を磨き上げて行く、人の輪の中に積極的に入り誰にでも真心と調和の精神で接する、正しい言葉遣い・幅広い教養・品格(マナー)を身に付ける、依頼心(誰かが何とかしてくれるだろうと甘える気持ち)をなくす、素直になり猜疑心(どうせ裏があるのだろうと何かにつけ悪意に受け取る態度)を持たない、過去に囚われてものごとを悲観しない、人を見下したり排除する類いのこだわりやプライドを持たない、自分さえよければいいという我欲を滅する、人を喜ばせることを自分の喜びにする、といった方法論を教えた(困難な境遇にいるほどやりがいがあると言うものである)。その後の経緯は世の常と言うべきか、評判が評判を呼んで、集まって来る人の数が爆発的に増え、最終的には師の目が行き届く範疇を遥かに超えてしまっていたことを、個人的な感想として付け加えておかねばならない。だが、八島師の歩んだ人生は一つの歴史的事実であり、彼から確かに恩恵を受けたという何万人もの証人がいるのである。

この本には、著者の体験手記と言える1980年刊の通常版と、伝記的要素を中心に新たに書き下ろされた1984年刊の完全版とがあり、どちらも素晴らしいが、まずおすすめするのは完全版の方である。

  • 山本幹雄『現代のカリスマ 八島義郎と萬華の世界(全)』自費出版、1984年

なお、八島師が作詞作曲した作品が数多く残っており、理屈抜きで彼の心の世界に直接触れるには、音楽から入るのがよい。

  • V.A.『心の華 八島義郎作品集』日本コロムビア、1996年